男女

高額な給与を期待できるタクシー会社で働こう

  1. ホーム
  2. タクシードライバーになる

タクシードライバーになる

運転席

必要な資格は

タクシードライバーになるためには第一には自動車が運転できること、そして第二に対価を得て人を運ぶさいに必要な二種免許を取得していることが条件です。タクシー資格としては、普通自動車二種免許があれば誰でもなることができます。一方でタクシーの種類として法人タクシーと個人タクシーがあります。法人タクシーはいわゆるタクシー会社のことで、タクシードライバーとなるためには、まずはタクシー会社に就職することが条件です。このさいにはタクシー資格として求められるのは自動車が運転できることですがタクシーを運転するには二種免許が必要で、就職後に二種免許取得を目指すことになります。このさいにタクシー会社が必要な費用を貸してくれます。返済はタクシー会社で一定期間働くことで行います。慢性的な人不足であるタクシー業界では、ほとんどのケースで就職が可能です。なお、タクシー資格に必須である二種免許があれば優遇されますし、すぐに働くこともできます。また個人タクシーになるためには個人タクシー資格としてタクシー会社に10年以上勤務していることが必要です。個人タクシーのメリットはタクシー会社と異なりすべての収入を手に入れることができますし勤務シフトも自由に行うことができるといったことがあります。タクシーが人気の理由としては比較的、資格が容易であることで、また需要の高い地域であればそれだけ多くの収入を得られるチャンスがあるということがあります。